子犬の食事の回数、時間、餌の量など良い食事のあげ方

子犬の食事の回数、時間、餌の量など良い食事のあげ方

子犬の食事の回数、時間、餌の量など子犬にとって良い食事のあげ方をご紹介します。

子犬がバランスのとれた生活を送るために必要な栄養について犬の専門家・ネルソン博士が、詳しく説明します。

子犬用ドッグフードの選び方、食事のスケジュール、一回の分量や成分など、子犬が健康で幸せに暮らすためのヒントが満載です。

子犬用ドッグフードの選び方

ドッグフードには、ドライ・半生・生と3種類ありますが、ドライを勧める獣医が多いです。

注意点2つ
1.ラベルの確認。ペットフード公正競争規約栄養基準がみたされているか確認
2・原材料に本物のお肉が使われているか確認しましょう。

食卓の残り物を子犬に与えないようにしましょう!

食事のスケジュール

定期的な間隔で食事をあげましょう!
4か月までは1日に何回か食事を上げましょう。
6か月になったらスケジュールを決めて1日2回にすることができます。
食事の後には、トイレに行きたがります。

一回の食事の分量とおやつ

ドッグフードのパッケージの裏に目安が書いてありますが、正確をきすのなら獣医師に相談してみましょう。
おやつは子犬の食事の10%以下に抑えましょう。
おやつは堅いものがいいでしょう。
トレーニング中にあげるのもよいでしょう。
新鮮なお水をあげましょう。

How to Feed a Puppy – How to Choose the Best Puppy Food

スポンサーリンク